総量規制Q&A

Q1:そもそも総量規制とは何ですか?

A1:ある人が消費者金融から借りることが出来る金額の合計額(総量)を制限している法律です。


  例えば年収300万円の人なら複数の消費者金融からお金を借りたとしても、全ての合計で年収の1/3の100万円までしか借りることが出来ません。
  この法律(貸金業法)は2006年12月に成立しましたが、全ての規定が施行されたのは2010年6月からと、実は新しい法律なのです。

Q2:複数の消費者金融を含めて年収の1/3ということですが、どういう仕組みなのでしょうか?


A2:消費者金融各社は複数のデータベース会社と契約しており(契約を義務付けられており)、利用した人の氏名・年齢・年収や借入状況・返済状況などの基本データを共有しています。


結局私達利用者の借金情報はどの消費者金融からも丸見えということになり、消費者金融Aで沢山借りたから今度は消費者金融Bで借りよう、などは通用しないのです。

Q3:銀行から住宅ローンで年収以上の借金をしていますが、総量規制という話は聞きませんでした。


A3:総量規制は消費者金融が対象であり、銀行は対象外です。よって銀行からは住宅ローンなど年収以上のお金を借りることが出来ます。


逆に言うと、消費者金融には住宅ローンはありません。年収の1/3以下で数千万の住宅を買える人は多くはないのと、金利的に消費者金融は銀行より高くなるので利用する人はいないという判断です。
消費者金融の利用は、数万から数十万程度がメインとなります。



Q4:なぜ総量規制は消費者金融が対象なのですか?

A4:消費者金融は銀行と比べると金利は高目ですが、その分審査も銀行ほど厳しくないため多くの人が気軽に申し込むことが出来ます。結果、借りすぎや多重債務などで返済不能となる人が出てくることを防ぐためです。

かつてサラ金と言われていた頃、返済不能となる人が多く出て社会問題となったことから、総量規制という法律が消費者金融に適用される事になったのです。


Q5:既に銀行で年収以上の住宅ローンを組んでいます。改めて消費者金融を利用することは出来ないのでしょうか?


A5:消費者金融を利用することは出来ます。住宅ローンやカーローンは総量規制の対象外となっていますので、住宅ローンやカーローンは無いものとして計算されます。

但し、だからと言って現実は住宅ローンやカーローンは支払いが続きますので、消費者金融も利用出来るからといって無理な支払いとならないよう計画的な利用は心掛けましょう。

Q6:クレジットカードの利用も制限されるのでしょうか?

A6:クレジットカードを利用したキャッシングは総量規制の対象ですが、カード払いでのショッピングは対象外です。但し返済が滞ると利用出来なくなる可能性がありますので要注意です。

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.1