ブラックリスト

カードローンでお金を借りても決められた通りに返済が無事終わればいいですが、たまにうっかり口座にお金を残しておくのを忘れてしまうことがあります。
そんな時は残高が十分ではなく返済金が引き落とし出来ないとカードローン会社から電話が掛かってきます。


大体は〇〇日までに指定口座に必要額を入金して置いてください、それが出てきていれば問題無し、という答えが返ってくるはずです。
当然ですが、カードローン会社は返済が約束通りに出来ているかどうかをちゃんとチェックしているんだな、と感じさせる瞬間です。



そんな返済トラブルも、数年に一回程度でそれも直ぐに返済できていれば恐らく何の問題にもなりませんが、これが頻繁に起きたり、返済そのものが滞ったりしてくると話は少し面倒になってきます。


この人は返済に問題があるという情報がカードローン会社にインプットさせることになるからです。


これはお金を借りる人にとっていいことではありません。
所謂、カードローン会社のブラックリストに載る、という事になるからです。ブラックリストに載ると、その人は新たに借金しようと思っても、お金を貸してもらいないことがあるのです。


と言いながらも、実は、ブラックリストというものは存在しません。
そのイメージからすると、返済に問題ある人だけが載った専用のリストがあるような感じですが、実はそのようなリストは無く、利用者一人一人の個人情報リストがあるだけです。


money.JPGそのリストには各種個人情報とともに、カードローンの借入状況、返済状況などのお金のやりとりに関する情報も記載されています。


頻繁に返済遅れが発生したり、返済自体が滞ったりすると、この欄がその状況を記載し、ある基準を超えるとこの人にはもうお金を貸しません、となるのです。

つまり、ブラックリストというのは個人情報リストの一部の内容を便宜的にそう呼んでいるだけです。


とは言ってもこのコンピュータ全盛時代。返済に問題ある人だけが載っているリストがあろうが無かろうが、個人情報リストの一部にそのような記載があるだけで瞬時に検索出来てしまいそれも常時監視されていますので、
実際にはブラックリストがあるのと同じ機能は持っていることになります。



カードローンを利用している人の個人情報は、カードローン会社を超えたデータベース上にあり、そのデータベースは複数の信用情報機関が管理・運用しています。
カードローン各社は、信用情報機関を通して各個人の最新の情報を入手しているのです。


その為、別のカードローン会社と初めて契約した場合でも、その人のこれまでのカードローンの利用・返済情報はそのカードローン会社も申し込み段階で瞬時に知ることになります。
消費者金融で行われている総量規制の管理は、この信用情報機関を介して行われているのです。

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.1