一昔前まで怖くて近寄りがたかった消費者金融の今を調べてみました。

銀行との違い

woman.jpg昔、消費者金融はサラ金と呼ばれていました。サラリーマン相手の金融業者、つまりお金を用立ててくれるところだったのです。


サラ金はお金を比較的簡単に貸してはくれるものの、その半面高い金利や過酷な取り立て、過剰融資による返済不能などが社会問題化したことからサラ金という名称のイメージは非常に悪いものとなってきました。


サラ金地獄とも言われていた位です。
金利にグレーゾーンがあって、高い金利も合法的なものだとも言われましたが、結局法改正があり、かつてのような高い金利は今では無くなっています。


更に、消費者金融各社の企業努力もあり、かつてのようなサラ金のイメージは今では無くなってきており、主婦や学生、OLでも安心してお金を借りることが出来るようになっています。


皆さんも銀行に口座をお持ちだと思います。給与振込みや各種公共料金の支払い、通販の支払いなどに活用しているはずです。
でもそんな風に普段何気なく活用している銀行ですが、そこからお金を借りようと思う人は多くはないのではないでしょうか。


口座に金額不足がある場合、不足分を自動的に融資するサービスもありますが、それは図らずも活用することはあります。まあ手続きも特に必要がないのと便利なためです。


それでも住宅ローンは銀行などを利用しますね。住宅のような大きな借金をするときはやはり銀行ですが、それ以外は敷居が高そうなイメージもあり、余り利用しないのではないでしょうか。


それに対して、今の消費者金融はかつてのサラ金とは全然違い、気軽に安心して利用できるイメージがあり、実際大盛況のようです。
今では銀行が消費者金融業に乗り出しているほどです。



消費者金融と銀行との違い
気軽にお金を借りれるイメージがある消費者金融と、お金を借りるには手続きからして面倒そうなイメージのある銀行。
実際に何が違うかと言うと、今や金利はほとんど変わりません。


傾向的には銀行の方が金利は低いのは確かですが、かつてのサラ金時代と比べるまでもなく、これ位の違いだったら気軽に借りれる消費者金融の方から借りよう、と思える程の差しかないのです。ハッキリ違うのは一つです。


総量規制という法律の対象になっているのが消費者金融。その対象になっていないのが銀行ということです。


総量規制とはその個人の年収の1/3以上は借金出来ない仕組みのことです。
消費者金融は会社の違いを超えて個人の借金状況を把握しており、消費者金融を渡り歩いても、年収の1/3以上を借金を作ることは出来ません。


これはかつてのサラ金時代の過剰融資を防ぐ名残と言ってもいいでしょう。
手続きが簡単で銀行より条件も緩い消費者金融では、借りすぎで首が回らなくなるのを極力防ぐ仕組みが適用されているのです。
その点、銀行は借金するための審査が厳しいこともあり、総量規制の対象にはなっていません。